モヒカンパンダの小部屋2

オリジナル漫画・好きな音楽(kobasoloさん、五月天さん、LcftyHandCreamさん好き、その他)ニュース・気になる記事

輝く星(47)ふざけたい重さ・・・

f:id:fgwsaejb:20180908184039j:plain阿信くん「・・・・」シャオ「♪」

f:id:fgwsaejb:20180908184053j:plain阿信くん「・・・」シャオ「・・・😊🌺」

f:id:fgwsaejb:20180908184110j:plainシャオ「あなた、そのまま行くと椅子から落ちるわよ、ん?」阿信くん「ん?うん・・」

f:id:fgwsaejb:20180908184217j:plain阿信くん「シャオは、いい匂いだな甘い匂いがする」シャオ「毎日お風呂に入ってるから」阿信くん「そうか」

f:id:fgwsaejb:20180908184428j:plainシャオ「あなたが私の最後に待ってる鍵の人なのかな?どう思う?あなたと会う1年前に、あなたとあなたの大切な人達と私の不思議をスタートに、あなたと会ってから衝撃的に、はじまった立っていられないくらいの不思議が、今もまだ緩やかになってても続いてる・・・私達って、これからどうなってくのかな?何かあるの?それとも、何もないのかな?あなたの昔の映像を見て私の頭の中に断片的に浮かんだ知らない私達は恋人みたいだった、愛し合ってた、でも次に見えたのは悲しいの、私は、あなたから離れた、あなたは怒って顔を赤くして黙って下を向いたままよ、どうして離れたのかしら?どうして、あなたは、とめなかったの?凄く会いたかった私自分の口から、そう言ったのよ・・あなたから離れようとすると、その倍の力で、あなたに引き戻される、あなたが、すぐそこにいるみたいに、クッキリ見えるの・・・」阿信くん「・・う~ん・・」

f:id:fgwsaejb:20180908190040j:plainシャオ「分かんない、あなたには分かる?私あなたの前に来るまでに、ありえないほどのスピードで引っ張られて来たの10代の頃から11年間付き合ってきた彼氏を置いてよ、気づいたら遠い土地に来てて、ありえない人から、あなたにパイプが繋がって、あなたの住んでる、ここすら知らなかった私が、ここを好きになって、あなたを好きになったの、これだけ強引に引っ張ってこられたんだから、その答えが必ずここに、あるはずって思いたい・・・私20代の頃、夢の中に出て来た大柄の白い着物を着た男の人に言われたの、どんなに辛いことがあっても、けして別れたらいけないよって私の最後に立つ場所に一体何があるのか、ずっと気になってたの、それがここなの?」阿信くん「不思議だな・・・」

f:id:fgwsaejb:20180908192343j:plainシャオ「真っ暗な海の真ん中にいて

f:id:fgwsaejb:20180908192421j:plain怖いって泣くのは真っ暗で先が見えないからよ・・・」

f:id:fgwsaejb:20180908192226j:plain阿信くん「シャオは真面目過ぎるよ!僕ふざけられないじゃないか・・・」シャオ「・・・・」

f:id:fgwsaejb:20180908192606j:plain阿信くん「な、泣くなよ・・・」シャオ「愛してるのに・・・」阿信くん「分かってるけどさ重いよ」シャオ「身長158㎝体重42kg足のサイズは22、骨も細いのよ、手の大きさは子どもよ・・・軽いはずだけど・・・」阿信くん「その重さと違う・・・」ねず筋「靴のサイズが小さすぎて履ける靴が限られてるなんて可哀想・・うう・・」クジビッキー「ハイヒールが、ぶかぶかでズルとか、せつねーな・・」小次郎「あはははは」阿信くん「小次郎、煩い・・」小次郎「・・・・」シャオ「私あなたと出会ってから初めて恋愛漫画を描いたのよ、ギャグ漫画しか描けなかった私が、奇跡ね・・」阿信くん「今も十分ギャグ漫画だと思うけど・・・」シャオ「・・・」阿信くん「泣くなよ・・・」

f:id:fgwsaejb:20180908194355j:plainシャオ「アシぽん、洗衣機うたってみて♪」阿信くん「あ、うん・・・グルグル♪ゴシゴシ♪グルゴシ♪」シャオ「違うでしょ?👋🌺」阿信くん「あ、うん・・」(つづく)